Img logo

ワールドアイコーポレーションがマンション経営に強い理由

投資用マンションを通じて、お客様の資産形成をトータルサポートする、アセットマネジメント事業を目的として2011年4月に創業した私たちワールドアイコーポレーション。創業からの現在までの経緯、会社としての理念、何を一番大事にしているか等々を通じて、私たちがマンション経営に強いと考える理由を、経営者として取締役副社長の森本が、営業部門トップとして執行役員営業部長の宮里が自らの思いも交えながらインタビュー形式でお伝えします。

会社設立の経緯を教えて頂けますか。

森本
2011年に元々不動産業界で仕事をしていた、代表の増谷が自らの経験を元にワールドアイコーポレーションを立ち上げました。増谷は私が社会人として最初に勤めた不動産会社で上司だったんです。
隣り合わせの席で営業をしてました。
今想えば当時からお互い通じ合うものがあったのかなと感じます。
私は1年半くらいで管理部門へ異動になりましたが、増谷はその後も営業一本で、大きな成果とともに、カリスマ的な存在に上り詰めて行きました。
その後、かなり時を経てになるんですが、私が不動産業界を離れ、IT業界で仕事をしている時に増谷から一緒にやらないかと誘われて入社しました。

森本さんは一度IT業界を経ておられるんですか?

森本
はい。増谷と一緒だった不動産会社を退職後、全然違うIT系上場企業の総務部に転職しました。
その会社である程度経験を積んだある時、子会社に社長として出向し再建を担当しろという命を受けまして。
経営再建のためにリストラを断行する役目で、なんとか黒字に転換し、再建は果たしましたが、親会社からの出向というカタチで大なたを振るったわけで、かなりしんどい経験でした。

それはまた、大変なご経験ですね。上場企業とおっしゃったと思いますが、その子会社社長のポジションを捨ててでもワールドアイコーポレーションでという大きな動機は何だったのですか?

森本
そうですね。確かにキツさもありましたが、大資本の傘下で仕事をする醍醐味があったのも事実です。
ただそれ以上に増谷の「朝起きて会社に行きたくない」と思うような会社ではなく、みんなで切磋琢磨して全員が目標を達成出来る。一人の脱落者も出さない会社を目指したいんだという熱意に共感出来たという所が大きいですね。

森本さんご自身朝起きて会社に行きたくないと思われていたという事ですか?

森本
正直なかったと言えば嘘になりますね。(笑)

お答え頂きありがとう御座います。(笑)それはともかく、楽しい会社という事ですが、もう少し具体的にお聞かせ頂けますか?

森本
従業員が活躍出来る会社を目指しています。
重要なのはあきらめないという事です。あきらめなければいつかは達成出来る。問題なのはそれを従業員個々の問題とせずに徹底的にフォローする事だと思います。
課題に挑戦して行く事は辛さを伴う事もありますが、私たちがあきらめずに手を差し伸べ続ければ、少なくとも朝起きて「会社に行きたくない。」という事にはならないのではないかと考えています。
そのような事を通じて成長し、仕事が楽しい!会社が楽しい!という所に辿り着くのではないかと。

なるほど。楽しいという事は目標ではなく結果だという事ですね。

森本
その通りです。仕事で成果が上がらなければ、会社の環境がいかに楽しくても、所詮うわべだけのものだと思います。

実際にその理念はどの程度実現していると自己評価されますか?

森本
手前味噌の話になるのでなかなか言いづらい部分もありますが、創業から今年で7年目ですが、今年に入るまで退職者が一人も出なかったというのは密かな誇りです。今年に入って、寿退社で女子社員が一人退職しましたが、社員皆で笑顔で送り出しました。

という事は丸6年間離職率ゼロだったという事ですか!?それは創業間もないベンチャー企業としては異例の事ではないですか?

森本
よく言われるんですけど、実際に先程から話しているような会社作りを必死にやっていただけなんですが、気付くとそうなっていたという感じですね。

人が辞める事で悩んでいる会社が多いように思いますが、そこは御社においては大きく異なる部分なんですね。皆さん自身がマンション経営が好きだというお話しもありましたが。

森本
マンション経営を自らも実践し、仕事もマンション経営もともに楽しみ、そしてそれをお客様に提案して行く。そんなメンバーが揃っている。それが私たちワールドアイコーポレーションの最大の差別化ポイントだと思います。
また、離職率が低いという話も、不動産を通してのお客様とのお付き合いは数十年という長期に及ぶ事になりますので、担当者が変らないという事はお客様の重要なメリットとなる部分だと思います。

なるほど!そこにつながると。

森本
ええ。結局、マンションそのものや立地等も本当にこだわってやっていますが、他社もそこは懸命に取り組んでいる所でもありますので、大きく差別化するのは正直難しい部分もあります。
大資本の大手さんと比較すると特にそうです。
でも「人」については私たちでも十分差別化していけるのではと考え、取り組んで来ました。結果、そこが今、私たちの当初の想定以上に育ってきて、まさに「人」のワールドアイコーポレーションと言える所まで来ているのかなと。

「人」のワールドアイコーポレーションですか。不動産という「モノ」の中でも一生「モノ」であり、商品として見た場合も最も高額な「モノ」を徹底的に「人」にこだわり、事業展開していると。

森本
非常にうまくまとめて頂きましたが(笑)。「人」に対してのこだわりは持ちつつも、無我夢中でやってきて、結果振り返るとそうなっているという風にも言えるんですけどね。

これからも、「人」にこだわって事業を発展させて行くという事でしょうか。最後にまとめの一言を頂けますか。

森本
私たちの一番の強みである「人」の育成は勿論、人の辞めない会社、誰もが自分の目標を達成出来る会社という事は更に追求して行きたいと思います。
時代が変化するとともに、「人」のあり方も変化しますし、経営者としても果ての無い挑戦だと考えています。確たる意思を持ってお客様に自信を持って提案出来る人材を最大の強みとして、これからも精進して行く所存です。

ありがとうございました。

担当されているお仕事についてまずお聞きします。

宮里
営業部門の管理とともにプレイングマネージャーとして投資マンションの営業販売にも従事しています。

管理だけでなく、営業も自ら担当されているんですか?

宮里
本来なら管理の仕事にしっかり集中しないといけないんですが、過去に物件を購入して頂いた顧客から更に別なお客様をどんどん紹介していただけるので、その対応に追われています。
紹介を頂いたお客様を他人に任す訳にはいきませんから。そのため、年々担当顧客が増える一方でして、自分が動いてるって言う形ですね。

ワールドアイコーポレーションの強みという事で、宮里さんからはズバリ何だと言えますか?

宮里
マンション経営を始めると言っても、お客様個々の目的は千差万別です。
またこの投資スキームは基本的に住宅ローンを活用しますので、お客様個々の仕事や経済状況、家族構成等々、非常に数多くの事情を踏まえて、最適な物件と最適な金融機関を選択し提案するという事が必要となります。
つまり、担当する営業マンの力量やどの位お客様本位に考える事が出来るかとかに非常に左右されます。弊社にはマンション経営を自らも行っている者も含め、本当にマンション好き・不動産好きが集まっていますので、その部分は大きな強みですね。

なるほど。宮里さんの営業は主に既存のお客さんからの紹介で成り立っているという話がありました。

宮里
私は不動産営業一本でやって来まして、かれこれ20年近くなりますけども、常にお客様に単に不動産物件を買って頂くだけではなく、何かプラスアルファを提供したいと思ってやって来ました。
情報もそうですし知識もそうです。
お客様に喜んでもらえて初めて、お客様もいろんなことを返してくれます。他のお客様を紹介して頂けるのもその延長線上にあるからこそだと思っています。

紹介と一口に言っても、マンションといえば高い買い物ですよね。他人を紹介してくれるまでの関係を築くのは大変だと思うのですが。

宮里
常にお客様の期待の一歩先の事をして「ここまでやってくれるんだ。」と感動して頂く事を心がけています。何か特定の事をしたから信用されるというのではなく、一つ一つの積み重ねが大事だなと感じますが、私たちの会社はマンション経営が本当に好きなメンバーが集まっているので、その辺はお客様にも伝わるのかなとは感じています。

先程、森本副社長にお聞きした、「人」にこだわった経営という話ですが、宮里さんのお話しからも「人」というキーワードが出ました。営業という側面においてもやはりそれは大事ですか?

宮里
非常に大事だと思います。お客様が営業マンから何かを買う場合、その物を買うのではなく、その人だから買うというような事がよく言われますが、マンション販売においては特にその要素が強いと思います。会社が営業マンを大事にすれば、営業マンもお客様を大事にしてくれる。そういう良いサイクルから良い提案が生まれると考えています。

「人」というキーワードと同様に「好き」という事も度々出ていますが。

宮里
私自身がマンションが本当に好きで、お客様にも、「この人はマンション経営が好きなんだな」というのは多分伝わってると思うんですよね。(笑)
ずっとマンション経営をしている人のブログをチェックしていますし、いろんな情報をチェックするようにしてます。
マンション経営にもいろんな目的や方法があります。私は区分所有をしてますが、一棟買いがいいとか、ビルがいいとか、いろんなことを言う人がいます。
とりもなおさず、お客様も同じことを言ってきます。お客様もマンション経営について勉強されているからだと思います。お客様に1つひとつメリット・デメリットを説明し、どれがベストなのかを絞り込んでいきます。
サラリーマンがマンション一棟を購入するには勇気が要ります。おそらく奥様も許可しないと思います。
まずは区分所有の小さいものから始めることからおすすめします。私もそうでしたから。師匠じゃないですけども、メンターという形で、「私が先を行ってますから後からゆっくりついてきてください」と言う感じで話してます。そんな感じでお客様も安心してくれるのではないかと思います。

本当にお好きなんですね。良くわかりました。そういった部分も御社の強みであると?

宮里
マンションの事になるとついつい話しすぎてしまって、すいません(笑)。 確かにこの業界で、マンションを保有している営業マンは実際にはそんなにいません。金融機関の事情に依りますが、実際私たちが組んでいる住宅ローンはお客様が利用しているローンより条件が悪いです(笑)。
お客様が置かれている立場はものすごく恵まれているんですよ。それを切に伝えたいです。
それはさておき、お客様に提案している商品というかサービスを自らがやっているという事はとっても大事な事だと思います。では、どうやってそれを実現するのか?
それはやはり、「人」を大事に育て、自らの仕事に誇りを持ち、マンションを好きになりお客様へ提案していくという事しかないのでないかと思います。またそのような弊社独特の取り組みは、着実に育っていると感じますし、他社にはない強みだと思います。

わかりました。最後に一言頂けますか?

宮里
投資に見合わないマンションはどうかと思いますが、やらないよりはやったほうがいいと思います。無理には勧めません。それをきっかけにして投資について考えていただけたらなと思います。
投資について考えるきっかけに。お客様が亡くなる時に「いい人生だったよね」と思えるようにサポートを続け、また私に続く人材育成により一層力を入れて行きたいと考えています。

宮里さんのマンション愛がとっても良く理解出来ました。ありがとうございました。

会社設立の経緯から現在まで、「人」という経営資源に最大限注力し、それを他社との差別化ポイントにしているという話を、経営者並びに営業部門トップ自ら語ってもらいました。世の中の構造も従来の所謂ハードパワーからソフトパワーへの転換という事が語られて久しいですが、これほどまでに「人」というソフトパワーにフォーカスした経営を実践しているという事はある意味驚きでした。しかし、良く考えると不動産を扱っているとは言え、ワールドアイコーポレーションの事業モデルはお客様一人一人の言わば人生にも触れる仕事。そのような提案に携わる「人」を最大限強化して行くという姿勢にはとても納得させられ、最大の強みであるという事が良くわかった、目からウロコのインタビューでした。